会社帰りに洋裁を習っていました。

会社帰りに洋裁を習っていました。

女性用の洋服を基本から習いました。最初は簡単な洋服をファッション雑誌の中から選んで、先生の指導のもとで自分の体形の型紙を作り、自分で好きな生地を選んできて、手取り足取り一つの工程ずつ教わりながら仕上げました。もちろん一日では仕上げる事が出来ないので、途中で持ち帰りになります。わかる所までは自宅でやってまた次の時に持って行ってやって仕上げていました。一着仕上げるのにだいたい1か月位かかりました。洋服によって、様々な型紙や縫い方があるので、一着仕上げる事に生地の種類や性質、カットや縫う技術が上がっていきました。決まった洋服ではなく、好きな洋服を仕上げる事ができて、最後にそれが着られるという楽しみがあったのである程度続けられました。

 

困った事というのは特に思い出せませんが、あえて言うなら一回で仕上げられないので持ち帰りになり、仕事に持っていくのでそれが荷物になるという事でしょうか。でも、重い物ではないのでそれ程苦にはなりませんでした。良かった事は、ファッション雑誌に載っている好きな洋服を、好きな色の生地で自分の体形にあった物に仕上げて着られたことでしょうか。しかも、自分で縫うのでかなりお安く出来ました。そのうちに友達の結婚式に着て行くドレスも、自分で縫って着て行くようになりました。これは楽しかったです。それ以外にも洋裁の基本的な技術が身につきますので、既製品の服でもちょっと手直しをして自分流にアレンジして着る事も出来るようになりました。世の中に出回っている既製品でも、手を加えて自分と同じ服を着ている人がいないと思うとちょっと嬉しい気がします。子供が幼稚園で白雪姫の役になった時に、自分で子供に合わせて白雪姫のドレスを縫う事ができました。最近はあまり大きな物は作りませんが、買ってきた洋服の手直しは今でもしています。